新会社法って何?|新会社法の情報館
新会社法って何?|新会社法の情報館
新会社法の簡単な解説をしています。
新会社法の基礎知識を素人でもわかるように紹介しています。
| 新会社法とは | 新会社法での有限会社 | 新会社法の資本金 | 新会社法で組織変更 | 従業員持株会の取扱いは |


新会社法って何?|新会社法の情報館にようこそ。
いっけん複雑に思える新会社法ですが、まずは、3つのことを覚えて下さい。それは、「有限会社が廃止されます。」「資本金1円で株式会社が設立できます。」「取締役は1人でOKです。」以上です。まずはこの3つが、新会社法の大まかな概要になります。

一円で会社設立しませんか?一円で会社設立しませんか?
一円で会社設立しませんか?
ピッタリの税理士お探し隊!もっと近く・安く・年齢で無料で探せる!ピッタリの税理士お探し隊!

新会社法って何?

新会社法って何?

新会社法は、平成18年の4〜6月に導入されるようです。
明治32年に制定された商法では、いろんな矛盾を抱えています。そこで、社会経済の変化に対応するため、「新会社法」が施行されます。

これまで「会社」の法律というのは、商法や有限会社法などバラバラだったのですが、これで「会社法」に一本化、つまり新会社法で、すべての矛盾点を解消されることになる予定です。

また、新会社法の全体を見ると、次の4つの特徴があげられます。
1:条文がカタカナからひらがなへ、2:起業が簡単になる、3:M&Aが柔軟になる、4:合同会社・LLP、会計参与の新設
なかでも、中小企業に関係してくるのが、「2:起業が簡単になる」「4:合同会社・LLP、会計参与の新設」になりますね。

新会社法では有限会社の制度がなくなる

新会社法では有限会社の制度がなくなる

新会社法が施行されることで、有限会社はなくなります。つまり、有限会社を新たに設立することは出来なくなります。
しかし、新会社法が施行される前からある有限会社は経過措置がとられることから、特例有限会社として存続することができます。

今までは、会社は有限会社で簡単に設立して、ブランドイメージのある株式会社に組織変更する流れがありましたが、新会社法の施行後は、有限会社は過去のイメージが強くなり、また、株式会社もイメージでは無く、中身が大切になってきます。

新会社法では最低資本金規制が無い

新会社法では最低資本金規制が無い

今の商法では、有限会社は300万円、株式会社は1,000万円の最低資本金の規制があります。したがって、会社設立後5年以内に上記の最低資本金をクリアしなければなりませんでした。

ところが、新会社法ではこの最低資本金の規制がなくなりますので、確認会社は増資の必要がないわけです。逆に言うと、1円まで減資することもできるようになってきます。

新会社法では、有限会社のオーナーの方は、増資することなく株式会社に組織変更することができるようになります。ただ、かつての株式会社のブランドイメージはなくなったと言えます。

新会社法での有限会社から株式会社への組織変更

新会社法での有限会社から株式会社への組織変更

商法では、有限会社から株式会社への組織変更するには、有限会社を一旦解散して株式会社を設立することになります。それにより、資本金1,000万円が必要ですが、その財源対策として資産の含み益を利用する方法があります。

この方法を利用して、債務超過や多額の繰越欠損金を抱える有限会社にとっては、有効な借入金対策という利用方法ができます。
しかし、新会社法が施行されることで、この特例有限会社にとってはこの方法が使えなくなるようです。その理由は、新会社法では特例有限会社となった時点で従来の有限会社とは別扱いになりからです。そして、株式会社への組織変更ではなく商号変更扱いとなるからだそうです。

新会社法の従業員持株会の取扱いは?

新会社法の従業員持株会の取扱いは?

商法では債権者の保護があり、株主との利害を調整する機能を持っています。一方、新会社法では、債権者の他に少数株主等を保護する考え方があります。

経営権の維持を図るため、無議決権株式など議決権を制限した株式を従業員持株会に割当てるやり方の従業員持株会を活用した事業承継対策が、この新会社法により、会社オーナー側の考え方と取扱いにより、従業員持株会との関係が変わってきます。

新会社法での中小企業の事業継承

新会社法での中小企業の事業継承

中小企業の場合、事業継承のときに相続が発生します。このときは、金庫株と言って、オーナーの株式を同族の会社が買い取って相続人の相続税の納税資金を捻出する方法があります。

新会社法では、公開会社以外となる同族会社に発生する相続において、金庫株が取得しやすいように特例が設けられます。

つまり、新会社法の定款で定めれば、都合の悪い株主からの株式を買い取ることができるようになり、事業継承における相続トラブルを回避できるようになります。
「新会社法って何?|新会社法の情報館」のキーワード&コメント: 有限会社とは? 有限に従事する企業の社員(役員)は全て有限責任となります。合名のような無限責任社員はありまません。さらに、その出資の範囲内での責任となります。ただ、有限のほとんどの場合が、借入の際には代表者が連帯保証人となることが多く、有限の役員が完全な有限責任であるとまでは言えないでしょう。平成15年2月からは、資本金が300万円に満たない有限の設立も可能になりました。この有限のことを「確認有限会社」ともいいます。 新 会社法 定款 新 会社法 会社 設立 新 会社法 定款 変更 新 会社法 定款 サンプル 新 会社法 定款 書式 新 会社法 監査役 新 会社法 役員 賞与 新 会社法 株主 総会 議事録 新 会社法 決算書 新 会社法 計算 書類 新 会社法 登記 新 会社法 内部 統制 法務 省令 新 会社法 合同 会社 株式会社とは?株式の企業は、株式を発行して、一般の人々に株主になってもらい資金を募集できるため、大きな資本を集めやすい会社形態になっています。そのため、その株式に出資した者は全て有限責任となります。合名のような無限責任社員はありません。さらに、その出資の範囲内での責任となります。ただ、株式の企業のほとんどの場合が、借入の際には代表者が連帯保証人となることが多く、株式の企業の役員が完全な有限責任であるとまでは言えないでしょう。平成15年2月からは、資本金が1000万円に満たない株式の企業の設立も可能になりました。この株式の企業のことを「確認株式会社」ともいいます。 新 会社法 決算 公告 llc 新 会社法 新 会社法 増資 定款 新 会社法 新 会社法 条文 新 会社法 議事録 新 会社法 役員 報酬 新 会社法 概要 新 会社法 役員 賞与 損金 算入 新 会社法 取締役 任期 新 会社法 施行 新 会社法 定款 改定 有限会社とは? 有限に従事する企業の社員(役員)は全て有限責任となります。合名のような無限責任社員はありまません。さらに、その出資の範囲内での責任となります。ただ、有限のほとんどの場合が、借入の際には代表者が連帯保証人となることが多く、有限の役員が完全な有限責任であるとまでは言えないでしょう。平成15年2月からは、資本金が300万円に満たない有限の設立も可能になりました。この有限のことを「確認有限会社」ともいいます。 新 会社法 株式 譲渡 制限 会社 新 会社法 監査役 任期 新 会社法 定款 モデル 会社 設立 新 会社法 新 会社法 セミナー 新 会社法 有限 会社 メリット 会社 設立 方法 新 会社法 新 会社法 会計 新 会社法 取締役 新 会社法 決算 新 会社法 解説 新 会社法 種類 株式 新 会社法 株式 譲渡 制限 新 会社法 減資 新 会社法 法人 設立 新 会社法 有限 会社 商号 変更 新 会社法 定款 事例 集 法務省 新 会社法 新 会社法 利益 処分 案 新 会社法 定款 変更 株主 総会 新 会社法 新株 予約 権 新 会社法 特例 有限 会社 新 会社法 会計 参与 新 会社法 役員 任期 新 会社法 資本 部 新 会社法 中小 会社 会計 譲渡 制限 新 会社法 定款 変更 新 会社法 監査役 業務 監査 新 会社法 役員 賞与 税制 改革 新 会社法 支店 登記 新 会社法 実務 新 会社法 株券 不発 行 新 会社法 登記 事項 新 会社法 書式 新 会社法 定款 作成 新 会社法 監査役 設置 会社 株式 取扱 規程 新 会社法 新 会社法 大会社 新 会社法 株主 持分 変動 計算書 新 会社法 確認 会社 新 会社法 施行 日 新 会社法 設立 新 会社法 書籍 新 会社法 要点 新 会社法 監査役 会 新 会社法 llp 新 会社法 事業 報告 新 会社法 株主 総会 準備 新 会社法 公開 会社 新 会社法 m&a 新 会社法 役員 変更 新 会社法 資本金 株式会社とは?株式の企業は、株式を発行して、一般の人々に株主になってもらい資金を募集できるため、大きな資本を集めやすい会社形態になっています。そのため、その株式に出資した者は全て有限責任となります。合名のような無限責任社員はありません。さらに、その出資の範囲内での責任となります。ただ、株式の企業のほとんどの場合が、借入の際には代表者が連帯保証人となることが多く、株式の企業の役員が完全な有限責任であるとまでは言えないでしょう。平成15年2月からは、資本金が1000万円に満たない株式の企業の設立も可能になりました。この株式の企業のことを「確認株式会社」ともいいます。 中国 新 会社法 新 会社法 対応 新 会社法 合併 新 会社法 による 定款 変更 商業 登記 新 会社法 定款 変更 新 会社法 エッセンス 新 会社法 配当 新 会社法 税務 新 会社法 機関 設計 新 会社法 株主 総会 決議 事項 新 会社法 役員 報酬 役員 賞与 損金 新 会社法 新株 発行 有限会社とは? 有限に従事する企業の社員(役員)は全て有限責任となります。合名のような無限責任社員はありまません。さらに、その出資の範囲内での責任となります。ただ、有限のほとんどの場合が、借入の際には代表者が連帯保証人となることが多く、有限の役員が完全な有限責任であるとまでは言えないでしょう。平成15年2月からは、資本金が300万円に満たない有限の設立も可能になりました。この有限のことを「確認有限会社」ともいいます。 新 会社法 発行 可能 株式 総数 監査役 新 会社法 新 会社法 登記 申請書 新 会社法 純資産 部 新 会社法 役員 新 会社法 役員 変更 登記 新 会社法 問題点 新 会社法 改正 ポイント 新 会社法 起業 新 会社法 定款 雛形 株式会社とは?株式の企業は、株式を発行して、一般の人々に株主になってもらい資金を募集できるため、大きな資本を集めやすい会社形態になっています。そのため、その株式に出資した者は全て有限責任となります。合名のような無限責任社員はありません。さらに、その出資の範囲内での責任となります。ただ、株式の企業のほとんどの場合が、借入の際には代表者が連帯保証人となることが多く、株式の企業の役員が完全な有限責任であるとまでは言えないでしょう。平成15年2月からは、資本金が1000万円に満たない株式の企業の設立も可能になりました。この株式の企業のことを「確認株式会社」ともいいます。 「株式」とは、株式会社制度のもとで、資本金を小口の金額に分割して多数の株主から資本(お金)などを集めて、大規模な経済活動(工場や営業所を建てたり、商品の製造・販売を行ったりする)を可能にする手段です。株式投資とは、その会社に出資するということです。  株主になると、通常年1回または2回の配当を受け取ることができます。この配当の受け取り(インカムゲイン)と、株価自体の値上がり(キャピタルゲイン)を狙うことができるわけです。株式投資は銘柄・売買時期が適切なら高い収益が得られ、換金性も高いというメリットがありますが、反面、元本保証はなく、値下がりリスクも大きくなります。株式とは企業が発行する出資証券を言います。法律上は株主権を指しますが、一般的には株券そのものを指して株式と呼ぶことが多いようです。株式を持つということはその企業にお金を出すことであり、間接的にその企業の経営に参加することを意味します。企業は事業を行なっていく上で株式だけではなく社債も発行します。では株式と社債はどこが違うのでしょうか?一番の大きな違いは、株式が返済の義務がないのに対して、社債は返済の義務があるということです。以下は、株式と社債のそれぞれの特色です。 私たちは企業が発行する株式を購入すれば、株主になることができます。では株主になるということは一体どういうことなのでしょうか?このことは株式を持つ上で非常に重要なことです。以下は、株主になった場合の権利、義務、責任についてです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。